劇的変身!人気のアパルトマン風のインテリアコーディネイト!

自宅をフランスのアパルトマン風にするインテリアの選び方

小物を使ってアパルトマン風にしよう

欧風インテリア、エスニック、純和風と様々なテイストがある中、今多くの人から注目を浴びているのがアパルトマン風のインテリアです。若い世代だけではなくシックで落ち着いた印象を与えてくれるので、ミドル世代にも指示されているインテリア術です。
ちなみにアパルトマンと言うのは、フランス語で集合住宅を指す言葉です。フランスは日本と違って、今ある住宅を取り壊す事無く、多くの人が住み続けています。その為、築50~70年の集合住宅は当たり前で、中には築100年を超える建物もあります。その当時の技法やセンスで作られているので、外観もレトロでモダンなので住んでいるだけでオシャレ度もアップしそうです。
内装はシンプルで当時の面影を残している住宅が多く、それを現代風にアレンジしたのがアパルトマン風という訳です。レトロとトレンド、モダンを融合させたスタイルで、斬新な色使いや温かみが特徴です。
今回はアパルトマン風の住宅に住む為のポイントや、インテリア配置のコツを紹介していますので部屋の雰囲気を変えたいという方は参考にして見て下さい。
ちなみにパリのアパルトマンは基本的にDIYがOKな住宅がほとんどなので現地の方は壁や床を張り替えたり、大規模なDIYをしたりと住まいにこだわりを持っている様です。
国内の賃貸住宅ではそう行きませんので、簡単に出来るDIYなどを紹介していきたいと思います。住まいに自分らしさを反映させたいと言う方にはぴったりの情報です。

TOPへ戻る